レチノール配合化粧品ついて調べています|レチノール配合化粧品おすすめ一覧

更新日:

シワを改善するレチノール配合化粧品って?どれくらい効果あるの?

「1970年代生まれのためのエイジングケア・レポート」へようこそ。
エイジングケア・ライターのノエルです。

POLAのシワ改善美容液リンクルショットメディカルセラムの登場の時も「シワ改善」ってすごいなと衝撃を受けましたが、やはり資生堂からも「シワ改善」アイテムが出るんですね。

資生堂ELIXIR(エリクシール)から2017/6/21に発売予定のリンクルクリーム!

「エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリームS」


▲Source:https://www.shiseidogroup.jp/news/detail.html?n=00000000002168

私もさっそく手に入れました。今、ハイドロキノンでシミけしに挑戦中なので、そのあとに試す予定です。

エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリームSは、シワを改善する純粋レチノールを配合した医薬部外品の化粧品です。

レチノールがシワにいいと聞いたことはありますが、本当なんでしょうかね?

どの程度の効果があるのかな。本当に効果があるのなら顔に体にぬりたくりたいものです。

ノエル

とっても気になるレチノールと配合化粧品について調べましたよ。

レチノールとは?

レチノールはビタミンAの種類のひとつの呼び方です。

ビタミンAの種類

ビタミンAの種類には、パルチミン酸レチノール、酢酸レチノール、レチノール、レチナール、レチノイン酸があり、化粧品として使用する場合、肌への効果と副作用の強さが違ってきます。

Aケア協会様のWEBサイトに掲載されていた図▼がわかりやすいので引用させていただきました。


▲Source:Aケア協会

パルチミン酸レチノール、酢酸レチノール

肌への刺激が少ないのは、図の中の左の2つパルチミン酸レチノール、酢酸レチノールです。刺激が少ない利点はありますが、水に溶けにくい性質をもつため、肌へ浸透しにくいという欠点もあります。

レチノール配合のリンクルクリームで価格の安い製品はパルチミン酸レチノール、酢酸レチノールが入っていることが多いようです。

レチナール、レチノイン酸

上記の表の右側ふたつ、レチノイン酸やレチナールは、肌への効果が強力な分、刺激も強くなります。

特にレチノイン酸は、直接肌につけると肌が赤ムケするくらい強い成分なので、化粧品には配合されていません。

医師の指示のもと処方される成分です。

レチノール

今回、資生堂のリンクルクリームで話題となっているのは、真ん中の「レチノール」。

レチノールは安定性が低いので化粧品への配合が難しい、肌への刺激も多少あるという欠点があります。

だからこそ、資生堂が商品化に成功したというのがスゴイんですよね。

そして、赤みや皮むけの心配もあるけれど、逆にそれだけシワへの効果も期待できる成分というわけです。

レチノイド反応

レチノールがシワにいいとは知っていたけれど、なんとなく手を出さなかったのは「刺激が強い」「赤くなる」「皮むけがある」という情報も聞いたことがあったため。

レチノイド反応は、すべての人に起きるものではありません。

ビタミンAが肌に少ない人が起きやすく、肌がレチノールに慣れていくとだんだんおさまってくるのだそうです。

興味はありつつも、高い化粧品を買ってみて合わなかったらいやだな~と思っていました。

でも、アラフォーになった今、多少のリスクを抱えてもシワに効果があるなら試すー!という強い気持ちが生まれています(笑)。

それに、きちんとした製品を選べば、赤みや皮むけなどはそれほど心配することも無いようです。

調べ始めてわかったことですが、各社、それぞれ刺激を緩和しつつ効果を最大限発揮するために工夫してるんですよ。

レチノール配合化粧品一覧

安心して使えそうなレチノール配合化粧品を調べてまとめています。順不同(私が買いたい順)。

ビーグレン

レチノール配合のスキンケアブランドを調べていて、もっとも気になったのはビーグレン。

ビーグレンはハイドロキノン配合の「ホワイトケアセット」を試してすごく良かったので、ラインで揃えました。

浸透力がハンパない!使用後のお肌が「ええっ」と驚くくらい変わったんです。今、ビーグレンのハイドロキノンでシミが消える(薄くなる)かどうか挑戦中です。

ビーグレン独自のQuSome技術は、使うと肌でわかる

ビーグレンは独自のQuSome(キューソーム)技術を持っているので、刺激の強い成分を扱うのが得意なブランド。

レチノールをコーティングして刺激のない状態で肌へ届ける処方になっているんです!

QuSome(キューソーム)技術は、皮膚から有効成分を内部へ浸透させるための医療技術で今でも行われています。

たとえば、歯医者の麻酔注射の前にぬる麻酔クリーム

皮膚に注射をせずに皮膚から麻酔薬を浸透させて注射が痛くない位皮膚を麻痺させますよね。

私は足をねんざした時に「貼る注射だからね」と痛みどめの湿布を医師から処方されたことがありました。あれですね。

ビーグレンの開発者は医療技術の研究者

ビーグレンの開発者ドクターブライアン・ケラーは、カリフォルニア大学サンフランシスコ校で薬学の博士号を取得。

同校で医療技術DDS(ドラックデリバリーシステム)の研究に従事していたもともと医療系の研究者です。

その研究や技術を応用してつくられたスキンケアブランドがビーグレン。

刺激の強い成分をコーティングして肌に届ける

だから、ビーグレンの化粧品は成分は目新しいものを使っているわけではありませんが、独自のQuSome(キューソーム)技術によって成分を肌に届ける技術が他のブランドとはけた違いなんですね。

また刺激のある成分はコーティングして肌の内部へ届けるので、レチノールのような効果はあれど刺激が心配な成分を扱うのを得意としています。

レチノール配合クリームが試せるエイジングケアお試しセット(トライアルセット)は@1,800。

資生堂エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルリームS

資生堂のレチノール配合・シワ改善クリーム。こちらはもう買いました!!

シワ改善といえる化粧品(医薬部外品)は資生堂とPOLAだけ

現在、化粧品でシワ「改善」といえるのは、この資生堂エリクシールのリンクルクリームPOLAのリンクルショットだけです。

POLAは今のところ、POLAの店舗でしか購入できません。ネットに出回っているモノは正式にPOLAから卸しているモノではないので注意したほうがいいですよ。

Amazonで買って後悔

なぜか、資生堂のエリクシールリンクルクリームもAmazonで予約購入ができてしまったので買っちゃったんですけど。

大失敗でした。本物(だと思う)は届きましたが、資生堂の公式オンラインショップ「ワタシプラス」で買うと、送料無料・資生堂パーラーのサブレ(お菓子)付きという特典があったんです。

結局、公式サイトで買うのが一番いいってことがわかりました。

間違いなく本物が届くし、保管状態も心配いらないし、特典もあるし。

Amazonで予約できたエリクシールリンクルクリームは資生堂のアマゾン店かと勘違いして予約してしまったんですよ。

よくよく見たらまったく知らない小売店から発送されていました。

未開封だったし、商品はちゃんとしていましたが、値段は定価でなにもお得は無かったのでガッカリ。

やっぱり、化粧品は最初の登録がちょっと面倒でも、ちゃんと公式サイトで買おうと思ったできごとです。

皆さまは、私のように後悔しないように、お気を付け下さいね。

ビタスパAC


8時間後に違いを実感できるというビタスパACE。レチノール配合のカプセルに入った美容液です。

レチノールを含浸させたマイクロカプセルが長時間、継続的にお肌に働きかけ寝ている間に美肌を作り出してくれます。

防腐剤フリーのカプセルタイプというのが気になってピックアップしました。

キラリエアイクリーム2


このキラリエアイクリーム2は、プチプラ(1本@1,788)なのにちゃんと生レチノールが入っているんです。

プチプラなので、自分がレチノールに強いか弱いか試してみるにもいいと思いますよ。

100日間返金保証付きのキラリエ・アイクリーム2を使った口コミ|レチノール配合目元シワクリーム

私は、キラリエアイクリームがリニューアルされる以前に使ってみたことがあります。

今は、パッケージが変更になって白地にゴールドのデザインになっています。

実際に使ってみて、肌への刺激はまったくなく、使用感もよかったです。

すごくシットリして、目元がふっくらしたのを覚えています。

シワへの効果を感じる前に他の化粧品に目移りして解約してしまったのですが、エリクシールと比べてみて遜色ないようならまた再開しようかな。

>>キラリエアイクリーム使用感レビュー口コミをみる

 

レチノール口コミまとめ

  • レチノールはビタミンAの種類のひとつ
  • 刺激もあるがシワへの効果が大きく期待できる成分
  • 安心して使えるレチノール配合化粧品も各社より発売されている!
ノエル

資生堂が抗シワ効果を認定されたということで、レチノール期待度高まりますね~!

最後までご覧いただきありがとうございました。貴女の毎日がステキに輝きますように。
By エイジングケアライター・ノエル

ポチありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村

おすすめ記事

1

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9を1か月使ってみた結果を画像で検証! ≫b.glenホワイトケアトライアルセット 「1970年代生まれのためのエイジングケア・レポート」へようこそ。 エイ ...

2

シンエイクの原液マッシュアップ「JFエッセンスS.A」の初回限定セットを試してみた口コミ! MASHUPシンエイク原液ケアセット 「1970年代生まれのためのエイジングケア・レポート」へようこそ。 エ ...

3

コーセー米肌の肌潤シリーズトライアルセット14日間分を試してみたよ! 「1970年代生まれのためのエイジングケア・レポート」へようこそ。 エイジングケア・ライターのノエルです。 目次です1 コーセー米 ...

-cosmetics, スキンケアアイテム別, シワケア化粧品

Copyright© 1970年代生まれのためのエイジングケア・レポート , 2017 All Rights Reserved.